コーヒーを飲もう☕

映画、本、コーヒー、お酒などを中心に、興味のあることをランダムに書いていきます。

ベンハルト・シュリンク『朗読者』~ 静かに、だが深いところで心が揺れる秀逸な物語

 こんにちわ。
 40分ほどの時間をかけて、3kmほどウォーキングをしました。
 コロンボです。

 

 今回は、ベンハルト・シュリンクの『朗読者』について書きたいと思います。


f:id:coffee-y:20180920220528j:image

『朗読者』
 ベンハルト・シュリンク
 松永美穂 訳

 15歳のぼくは、母親といってもおかしくないほど年上の女性と恋に落ちた。「なにか朗読してよ、坊や!」―ハンナは、なぜかいつも本を朗読して聞かせて欲しいと求める。人知れず逢瀬を重ねる二人。だが、ハンナは突然失踪してしまう。彼女の隠していた秘密とは何か。二人の愛に、終わったはずの戦争が影を落していた。現代ドイツ文学の旗手による、世界中を感動させた大ベストセラー。

BOOKデータベースより

 久しぶりにドイツ文学を読んだ。

 ドイツ文学では、かつてトーマス・マンの『トニオ・クレーゲル』を何度も読み返したものだが、この『朗読者』も、ドイツ文学の本流を引き継ぐような、率直でかつ重厚な雰囲気を持っているように思う。

 この小説は、静かでありながらもどこかに激しさ秘めた、まるでクラシック音楽を聴いているかのような小説だ。楽器でいえばチェロのような。決して、ドラムやトランペットではない。重厚で嵐のような感情を秘めたチェロがふさわしい、と思う。

 

 ミヒャエルの視点からみたハンナの物語である。そして、愛と尊厳の物語。

 かつて二人が官能的な逢瀬を重ねていたころには、15歳のミヒャエルは少年っぽい感情のまま戸惑い、年上の女性ハンナは高いプライドを見せて彼を支配するような態度をとるのだが、その後で手のひらを返したように彼に優しく接するのである。

  こう書くと、彼女が少年の心を単にたぶらかしているかのようにも思えるが、決してそのようには描かれてはいない。きっと、彼女の心の空白を埋めるために意図せずとってしまう態度なのだろう。

 

 ある時、彼の前から彼女は突然姿を消す。
 そして、その後二人が再会した以降には、それぞれの感情は直接的には描かれない。
 しかし、彼らの行動や言葉をみる限り、彼と彼女との間に存在するものは愛に違いないのだ、と思うようになった。彼らの愛はどこかで傷ついて、ゆがんでしまったのかもしれないけれど。

 

 彼女は彼のことを、「坊や」と呼んだ。年月を経て、彼はすっかり年老いた、孤独な彼女と会う。そして別れの際に、彼女は彼に向かって、「元気でね、坊や」と言うのだ。
 その言葉の中にはどのような感情が込められていたのだろう、そう思うと、とてもいたたまれない気持ちになるのである。

 

 彼女にとって、朗読を聴くという行為は何を意味していたのだろうか。また、彼にとって彼女に朗読を聴かせることが。

 

    よい物語というものは、読み終えた後に何か考えさせるものを残していく。この物語はまさにそういう意味でもとても良い作品である。
 彼女の意思はどこにあるのか、彼女の最も大切にしているものは何なのか。そこまでして守らなければならなかったものは何なのか?

 

 そして、彼に対する彼女の想いはどのようなものだったのか?

 

    とても多くのものが読み手に投げかけられ、委ねられる。

 なんという悲しい物語だろうか。

     読み終えて、ふと空白に迷い込んだかのような不安感のようなものに包まれて、しばらく何も考えられなくなってしまった。
   そのあと、静かでなんとも言えない余韻と、深い感動がくるのである。
 そして、思ったのだ。なんという悲しい物語なのか、と。

 

 ぼくは、この小説をもう一度読み返さずにはいられなかった。

 

では。

コーヒーを飲もう。

 

朗読者 (新潮文庫)

朗読者 (新潮文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
 

ブロトピ:はてなブログの更新報告♪ ブロトピ:本のおすすめ

朝の一杯。久しぶりにスタバのプレスでコーヒーを淹れました♪

こんにちわ。

今日1日仕事をすれば、また三連休ですね。

コロンボです。

今朝は、久しぶりにフレンチプレスでコーヒーを淹れました。


f:id:coffee-y:20180921090528j:image

スターバックスのフレンチプレスです。使い込みすぎで、かなり色がはげて、年季が入ってます(^。^;)

元々は全部真っ黒だったんですけどね。


f:id:coffee-y:20180921090724j:image

職場での朝いちのコーヒーは、レギュラーコーヒーを飲むことにしてるんです。

最近はドリップで入れることが多かったんですが、今日はちょっと気分を変えて、プレスにしました。

コーヒープレスって、中に豆を投入して、お湯を注いで、4分ほど待てば出来上がり、なので手軽でとても便利なんです。

このタイプは淹れた後、ふたをすれば持ち運びもできるし、ある程度保温もしてくれますからね。

それにプレスで淹れたコーヒーは、コーヒーの油分もしっかり残っているので、コーヒーそのものの味が味わえて、いいんですよね。


f:id:coffee-y:20180921091309j:image

さ、今日もおいしいコーヒー飲んで、頑張りましょう!

 

ちなみに、ぼくが家で使っているプレスはこれです。

↓ ↓ ↓

【正規品】 BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L 10683-01J

【正規品】 BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L 10683-01J

 

では。

コーヒーを飲もう。

 

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
 

ブロトピ:今日のコーヒー

ブロトピ:今日の雑談日記

純文学の5大新人文学賞について

 こんにちわ。
 家に不用なものが増えすぎて部屋が狭くなってきたので、メルカリでプチ断捨離を検討しているところです。
 コロンボです。

 前回、ぼくが文學界新人賞に小説を応募した、ということを書きましたが、遅まきながら、そのあとでほかの新人賞のことを調べてみましたので、書いてみようと思います。
 文学賞というものは日本中にたくさん存在します。その中でも、出版社が主催している賞で、いわゆる純文学を対象としたものとして、5つの代表的な賞があります。

 

coffee-y.hatenablog.com

 5大文学賞の種類と応募規定など

1.文學界新人賞

  ・出版社    文芸春秋
  ・応募規定枚数 70枚~150枚
  ・賞金     50万円
  ・締め切り   9月末
  ・前回応募総数 2,593作品

2.群像新人文学賞

  ・出版社    講談社
  ・応募規定枚数 70枚~250枚
  ・賞金     50万円
  ・締め切り   10月末
  ・前回応募総数 2,003作品

3.新潮新人賞

  ・出版社    新潮社
  ・応募規定枚数 250枚以内(短編も可)
  ・賞金     50万円
  ・締め切り   3月末
  ・前回応募総数 1,969作品

4.すばる文学賞

  ・出版社    集英社
  ・応募規定枚数 100枚程度~300枚
  ・賞金     100万円
  ・締め切り   3月末
  ・前回応募総数 1,366作品

5.文藝賞

  ・出版社    河出書房新社
  ・応募規定枚数 100枚~400枚
  ・賞金     50万円
  ・締め切り   3月末
  ・前回応募総数 1,714作品

 

 5大文学賞については上のような感じです。
 調べてみてわかったことで、文學界新人賞の第1回目の受賞(1955年)は、石原慎太郎氏の「太陽の季節」だったんですね。
 そして、前回の文藝賞受賞は、第158回芥川賞の若竹千佐子氏の「おらおらでひとりいぐも」だったんですね。
 なるほど~って感じです。
 これら5つの賞を受賞することが、作家としてメジャーになるための1番の近道のような気がします。

 ちなみに、ぼくが今回応募した文學界新人賞は、前回は受賞者該当なしだったようです。選考委員はとても厳しくて手強そうです。
 応募総数も2,593作品と、文學界新人賞が1番です。
 文學界が、比較的自分の肌に合っている感じがしたので、それに応募したのですが、競争率も選考もかなり厳しそうです。もしかしたら選択を間違えてしまったかもしれませんね、ハハハ。

 応募総数で考えたら、すばる文学賞が確率的には受賞しやすいようですね。
 賞金でも、すばる文学賞の100万円は魅力的です。ただ、100枚以上の規定がひとつの壁でしょうね。
 賞の格的には、(個人的に)文學界新人賞が1番ではないかと思っています。

 どの賞に応募するかは、最終的には自分の作品と主催雑誌の傾向とを照らし合わせてみて、作風的に最も近いものに応募するのがいいのではないかと思います。

まとめ

 5大文学賞について、簡単にまとめてみましたが、文学賞はこのほかにもたくさん存在します。ジャンルで言っても、ミステリーやSFなど様々なものがあります。これから賞に応募しようと考えている方は、事前にしっかりとリサーチをして、自分に合った賞を選んで応募されることをお勧めします。

 

では。

 

コーヒーを飲もう。 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
 

ブロトピ:はてなブログの更新報告♪

無謀にも文學界新人賞にWEB応募しました(^。^;)

 こんにちわ。
 最近娘が、”ヘイヘイドクター♪ヘイドクター♪”でプチブレイク中の、しゅんしゅんクリニックPにはまっています。
 コロンボです。

 

 今回は実に私事で恐縮なんですが、先日無謀にも「文學界新人賞」に応募した件、書きたいと思います。
 文學界新人賞とは、純文学の5大新人賞の一つでなんです。

 まあ、結果どうなるかは神のみぞ知るってわけですけれど、とりあえず記念受験的な感じで応募してみました。

 

f:id:coffee-y:20180912211542j:plain

 私、学生時代にちょっと小説のようなものを書いてたんですが、社会人になって、結婚して、子供が生まれてって、生活がどんどん変わっていく中で、創作活動からはどんどんかけ離れていったんですよね。

 胸の中ではいつも書きたいって思いが種火のようにあったんですが、書かないでいる方が断然楽なので、仕事や生活にかこつけて、単に楽な方にと流されておりました。


 で、2年ほど前でしょうか、思うところがあってもう一回書きはじめたんです。
 きっかけは何だったのかはよく思い出せないんですが、よくよく考えてみると、グレイス・ペイリーの小説に出会ったことが大きかったんじゃないかなって思います。
 それがきっかけといえばきっかけかもしれません。
 彼女の作品を読んで、小説の深さというか、可能性というか、小説の持つポテンシャルのようなものを強く感じたんです。
 それくらい彼女の書く小説は、私にとって衝撃的でした。
 なんだか、自分が書きたいものの核のようなものが、彼女の作品によって露出させられたのかもしれません(よくわからない表現ですみません)。

人生のちょっとした煩い (文春文庫)

人生のちょっとした煩い (文春文庫)

 
その日の後刻に

その日の後刻に

 
最後の瞬間のすごく大きな変化 (文春文庫)
 

 ブランクも長かったので、まあ苦労はしましたが、今回ようやく、80枚程度の小説が書きあがったんです。(去年には30枚程度の短編も書きました)
 我ながら(自画自賛ですが)、よくできた小説になったと思いますよ。たぶん誰も評価してくれないだろうけど、自分だけでも評価しておかないとね。それに自分の作品はやっぱり一番好きなんですね。
 いい年して何をやってんねん、と言われそうですが、そんなのは全然気にしません。よく言われるように、何かを始めるのに遅すぎることなんてないんです。


 で、せっかくなので、身の程知らずも承知の上で、「文學界新人賞」に応募することにいたしました。

 WEBでの応募ができるということなので、今回はWEB応募をさせてもらいました。テンプレートに必要事項を記入して、データを添付して送るだけだったので、超簡単でした。ただ、ぼくのPCはワードモバイルしか使えないので、きちんと原稿データが送れているかが心配です。一応送信後に、自動返信メールで受信したお知らせは送られてきたので、まあ、きっと大丈夫でしょう。
 やることはやったし、あとは待つだけです。

 

 本当は、純文学の5大新人賞の比較のようなことも書こうかなと思っていたんですが、それは次回に(書ければ)書きたいと思います。

 

 くだらない内容にお付き合いくださってありがとうございました。

 

 では。

 

 コーヒーを飲もう。

 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
 

ブロトピ:はてなブログの更新報告♪

村上春樹氏、ノーベル文学賞の代わりに創設された「ニュー・アカデミー文学賞」を辞退について

  おはようございます。
 毎日一応日記をつけています。今年の日記用の手帳は、ほぼ日手帳カズンを使っていますが、来年はどうしようかと悩んでいるところです。
 コロンボです。

f:id:coffee-y:20180917171310j:plain

 

 先日、ノーベル文学賞の選考延期に伴い、その代わりに創設された「ニュー・アカデミー文学賞」にノミネートされていた村上春樹氏が、選考を辞退した、という報道があった。

 

www.nikkei.com

 

経緯

 2018年の5月に、ノーベル文学賞の選考委員によるスキャンダルが発覚し、今年のノーベル文学賞の選考が延期されている。

www.bbc.com

 ひとりの選考委員に対して、18人もの女性が性的暴行を訴え、文学賞の選考を行うスウェーデン・アカデミーは過去最悪の醜聞に見舞われたとのこと。
 それを受けて複数の委員が辞任し、当スウェーデン・アカデミーは選考を行う状態ではないということで、今年のノーベル文学賞の選考を延期すると決定したのだ。
 そして、来年2019年の受賞者とともに2018年の受賞者を発表することにしたのだ。

近年のノーベル文学賞受賞者

 ノーベル文学賞では過去に、

  • 1968年 川端 康成
  • 1994年 大江 健三郎

 の二人が日本人では受賞している。

 そして近年、毎年のようにノーベル文学賞の候補として名前の挙がっている村上春樹氏だが、一昨年はミュージシャンのボブ・ディランが受賞し、昨年は日系イギリス人のカズオ・イシグロが受賞した。
 日本では、例年ハルキストと呼ばれる村上春樹ファンがノーベル賞発表の時期になると、今年こそは!湧きたちはじめるが、いまだその期待は裏切られ続けている。

    大江健三郎の受賞者が約25年前なので、そろそろ日本人が選ばれてもおかしくない時期だが、昨年日系のカズオ・イシグロが選ばれたことで少し遠のいたかもしれない。ノーベル賞にしてもアカデミー賞にしても、オリンピックの開催国にしても、およそ世界に影響を与えるものの選考には少なからず政治的な物が絡んでくるものだからだ。

 ちなみに、村上春樹は「ハルキスト」という呼び方は変えてほしいと思っているそうで、本人は「村上主義者」と呼んでほしいと言っているらしい。

村上春樹の姿勢

 村上春樹自身は今回の辞退について、「執筆に専念したい」という理由を挙げているという。
 これは彼の仕事ぶりを見ていると十分納得できるものである。
 彼は、とても仕事熱心なのだ。そのため、執筆に専念したい、というのは本当だろう。彼は非常に勤勉であり、生活リズムも、ストイックなまでに執筆中心に組み立てられている。
 また、仕事量も半端じゃない。コンスタントに小説を書き、翻訳を何冊もこなし、マラソントライアスロンまでしているし、最近ではラジオのDJに挑戦するまでに及んでいる。
 彼の中ではやりたいことがいくらでもあるのだろう。そう思うと「執筆に専念したい」の中の執筆という言葉には、執筆以外にも現在彼が大切にしているものすべてを含んでいるのだろうし、彼の精力的な活動をみると、それに専念したいというのは本心といえるのではないだろうか。

 また、何かで書いていたと思うのだがーーおそらく「みみずくは黄昏に飛びたつ」という川上未映子村上春樹の対談本だった思うが定かではないーー、ノーベル賞について、村上春樹自身、自分はもっとポリティカルなことを書かないと獲れないだろう、と客観的な視点で述べていた。
 彼の大事にしていることは、何に左右されることなくあくまで自分のスタイルで作品を書き続けることであって、そのためノーベル賞に対してそれほど執着はしていないのだろう。

最後に

 ニュー・アカデミー文学賞の最終候補は現在三人に絞られている。果たしてその中の誰が選ばれるのかは注目されるところである。
 また、2019年のノーベル文学賞受賞時に2018年の受賞者も同時に発表するということは、今回ニュー・アカデミー文学賞を受賞した者は来年同時に発表される2018年ノーベル文学賞の受賞対象ではなくなるのか。そこのところは少し疑問の残るところではある。
 そして、もし村上春樹ノーベル文学賞の受賞者になるような時が来た場合、彼はそれを受け入れるのか、それとも辞退するのかも気になるところだ。

 もちろん、村上春樹ファンとしては彼にノーベル文学賞を受賞してほしいと願ってはいるが、それ以前に彼はすでに世界的な、世界に大きく影響を与える日本を代表する作家であることは周知の事実であるし、多くの人が彼の作品を愛していることに違いはない。

 そのことは、ノーベル文学賞を受賞するかしないかにかかわらず、変わることはないのである。
 ファンとしては、ただそこに彼の作品がある、それだけでいいのだ。そして、彼の生み出す新たな作品を手に取ることが、何よりの楽しみであり喜びなのだ。

 

ではまた。

 

コーヒーを飲もう。

 

 

みみずくは黄昏に飛びたつ

みみずくは黄昏に飛びたつ

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
 

 

ブロトピ:はてなブログの更新報告♪

 

 

敬老の日。娘の絵(プレゼント)と、ちょっとだけドーナツの話。

 おはようございます。
 今朝もゆっくり、のんびりのスタートです。
 コロンボです。

 

 今日の朝食です。

 

f:id:coffee-y:20180917100702j:plain

 昨日は実家ですき焼き食べすぎたので、今朝は簡単にドーナツとコーヒーです。

 コーヒーはコスタリカです。

 

 敬老の日ということで、昨日は僕の実家に行ってきて、今日は妻の実家に行く予定です。ちなみに僕の実家は車で高速乗って約1時間、妻の実家は車で10分です。 

娘(10歳)がおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントに描いた絵です。

 1枚目はぼくの実家に、2枚目は今日行く予定の妻の実家にあてて描いたものです。
 娘は小さいころから、絵を描くことが大好きで、暇さえあれば絵を描いてるんですよね。

f:id:coffee-y:20180917094334j:plain 

 f:id:coffee-y:20180917095036j:plain

 ラインのスタンプも作りたいらしく、今その方法を模索中です。

 娘は引っ込み思案で、たまにしかぼくの方の実家に行かないものだから、なかなか馴染めず、帰るころになってようやくおじいちゃんとおばあちゃんと話をするようになったので、すっかり帰りが遅くなっちゃいました。
 でも日帰りなんですよ、きついですわ。
 眠い目をこすりながらの運転で、帰り着いたころにはもう真夜中になってました。

 そんなわけで、今朝は、ゆっくり、そして軽めの朝食です。

 ドーナツとコーヒーって、なんかアメリカンな感じがして、いい感じ。

 アメリカの映画とかドラマ見てたら、制服を着た警官がいつもコーヒー片手にドーナツ食べてるイメージがありますよね。
 アメリカのステレオタイプの警官ですね。
 さしずめ、日本の刑事ドラマで言うところのアンパンみたいな存在でしょうか。
 なんでもダンキンドーナツでは、制服警官にはドーナツとコーヒーを無料で提供するサービスがあったみたいですね。それでこんなイメージが定着してしまったようです。
 面白いですね。
 警官が店に立ち寄ってくれることで、店の治安が保たれるため、ガードマンを雇う経費を節減できるというところから始まったようですが、本当のところはどうなんでしょうか。そして今はそのサービスをやめてしまっているとか。

 とにかく、真偽のほどはどうあれ、やはりスクリーンの中では、警官にはいつもドーナツを頬張っていてもらいたい、と勝手に期待をしております。

 

 そういや、村上春樹もドーナツが好きらしくて、作品中にもよくダンキンドーナツというワードが登場しますよね。ノルウェイの森にもたしかあったはずです。
 ダンキンドーナツという店を知ったのも彼の作品からです。
 それまでは、ぼくの中ではドーナツといえばミスタードーナツでしたから。 

 『村上さんのところ』によると、最近のドーナツ事情について聞かれたときに村上春樹が自分の好きなドーナツについて答えています。(こんなユニークな質問にもまじめに答えてるところがいいですね)
 答えによると、彼の好きなドーナツは、プレーンドーナツ、オールドファッション、シナモンリングらしいです。そして塩ドーナツを探しるみたいです。

 

 どうでもいいですが、ぼくの好きなドーナツは、フレンチクルーラーとココナッツがふりかけられたドーナツですかね。

 

では。

 

コーヒーを飲もう。

 

 

村上さんのところ (新潮文庫)

村上さんのところ (新潮文庫)

 

 

 

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)

 

 


本・書籍ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
 

 

ブロトピ:今日のコーヒー

明日は敬老の日。珍しく朝食作りました♪

おはようございます。
今日は朝食にコーヒー淹れました。
コロンボです。

f:id:coffee-y:20180916092149j:plain

明日は敬老の日

ということで、

今日の予定は、家族で僕の実家に行くことになってます。

今朝は頑張って?、朝食をつくりました。

目玉焼きに関しては、僕は作るの得意なんですよ(^^;)

それから、

パンを焼いて、コーヒーを淹れました。

ズッキーニのスープは妻が作ってくれました。



f:id:coffee-y:20180916092844j:plain


さて、寝坊助の娘も起きてきた(*^^*)



では。

コーヒーを飲もう。




にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!