コーヒーを飲もう☕

映画と本とコーヒーと

小説

ホラー小説、スティーブン・キングの「IT」~恐ろしいくらいダークだけれど、もしかしたら好きかもしれない。

ホラー小説「IT」スティーブン・キングの紹介記事。

小説「イヴリン嬢は七回殺される」ミステリー好きにはたまらない!秋の夜長にぴったりの作品。

小説「イヴリン嬢は七回殺される」の紹介記事。

小説「羊をめぐる冒険」~村上春樹の書く小説の主人公はどうしていつもタフなのか?

村上春樹の羊をめぐる冒険を読んで思ったことなど。

朝井リョウの短編集「何様」を読む

朝井リョウの短編集「何様」を読んだレビュー記事。

小説『ナオミとカナコ』。追い詰められる怖さ。最後の瞬間までどうなるのかわからない!

小説「ナオミとカナコ」の紹介記事。

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』~再読してさらに、そのやさしさと美しさに感動

宮沢賢治の小説「銀河鉄道の夜」を再読した感想など。

川上未映子著「夏物語」子どもを産むことの意味、産まないことの意味。

こんばんわ。 コロンボです。 3月の末から4月にかけて、ぼくの生活はめまぐるしく動きました。 3月の後半には、人事異動の発表、そして東京への旅行。 人事異動って、とっても大きなストレスですよね。なんか気持ちにまるで余裕がなくなって、不安ばっか…

小説『マチネの終わりに』~深くて大きな感動の海に導いてくれる。この本に出会えて本当に良かった。

小説「マチネの終わりに」のレビュー記事。

『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』 ~ 最後の独白にすべてが詰まっている

村上春樹の長編小説「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を再読して思ったこと。

ベンハルト・シュリンク『朗読者』~ 静かに、だが深いところで心が揺れる秀逸な物語

ドイツの作家ベンハルト・シュリンクの「朗読者」を読んで。とても考えさせられる素晴らしい小説。

辻村深月『ツナグ 』を読んだ~とてもよくできた話ではあるんだけれど

2018年本屋大賞に選ばれた作家、辻村深月氏の「ツナグ」を読んで感じたことを書いた記事。