コーヒーを飲もう☕

しんどい日もあるけれど、そこにもきっと楽しいことはある。ごく普通のサラリーマンが明るい今日と明るい明日のために、日常の楽しいことを見つけてつづります。

スマホは買い替え時期だ(ヤバイな)、と感じたら、なるべく早く帰ることが得策だと痛感した件(>_<)

 こんにちわ。
 コロンボです。

 さて今回は、スマホの買い替え時期について、実際に二度連続でやらかしてしまった失敗談について書きたいと思います。

f:id:coffee-y:20181210215834j:plain

 スマホがもうだいぶ前からヤバかったので、いよいよ買い替え時かな?、とずっと思い続けていたんですが、そのままズルズルと買い替えるのを引き延ばしにしてきました。
 なぜって、スマホの買い替えって、すごくめんどくさいんだよね。いろんなバックアップをとったり、アプリを入れなおしたり、設定をいじったり。

 それがわかるのでなかなか携帯ショップに行かなかったんですけど、結果的に、それがダメだったんですよね。

 

スマホ替え時のサイン

 今回の場合、こんなサインがありました。

  1. 買ってから3年以上たっている(46か月)。
  2. まず、バッテリーの持ちが格段に悪くなる。
  3. 次に、1日2回ほど充電しなくてはならなくなる。
  4. バッテリー60%ほどある時に操作をして、いきなりバッテリー切れになってシャットダウンする。

 半年の間に、1~4の状態になりました。

 それでもしばらくそのまま使っていると、ある日突然、何もしていなくても常にアツアツに熱を持つようになりました。

 そこからの展開が速かったです。
 数日後には、数十分でバッテリーがなくなるようになり、翌日には充電しながらでも画面をつけているだけでバッテリーが減っていき、充電もすっごく時間がかかるようになってしまいました(^-^;

 ここまでくると、買い替えのサインというよりは、もうほとんど虫の息

ということで、あわてて携帯ショップに行きました。

 その日は夜に用事があったのですが、これはもうだめだ!ということで急いで携帯ショップに走りました。

 そして、買い替えの手続きをしたんですが、もういろんなことが手遅れでした。

・バックアップをとっていない。

・電話帳のデータを移行してもらうのにもバッテリーを使う。

など。

 ショップで充電をさせてもらって、なんとか電話帳データの移行はできました。そして、いろんなバックアップは、家に帰ってWi-Fiでなんとか充電しながらやることにしました。

実は前回の買い替えも大変でした

 実は、前回の買い替えの時も大変でした。
 今回のスマホは46か月目での交換ですが、前回は72か月目に買い替えをしたようです(店の人が教えてくれました)。
 なんと、6年!でした。
 その時は、スマホがほとんど動かない状態でした。しかも、突然そんな状態になってしまったんですよね。
 なので、お店の人に大分迷惑をかけながら、でも結局電話帳データも移行できず、ラインとかその他のバックアップもできず、それは大変でした~

 そんな苦い経験があったにもかかわらず、今回もまた同んなじような失敗をしてしまったんですよね・・・

今回は前回よりはマシだった、と思いきや・・・

 今回は、とりあえず電話帳のデータは移行できたし、まだ何とか動くのでWi-Fiをつなげばまだバックアップもできるな、と思って帰ってきたんですが、なぜか、古いスマホはWi-Fiにもつながらなくなってしまってたんです。
 えっ? なんで??? もうわけわかりませんでした。
 次の日に携帯ショップの人に聞いてみても、原因がわからず、
「故障かもしれませんね・・・」
 とのことでした。
 買い換えたとたんに故障なんて、どうも信じられないですが、どうしようもないようでした。

 ほんと、買い替えのタイミング、ギリギリのタイミングだったみたいですね~

教訓

 今回の(前回も)教訓は、スマホは調子が悪くなりだしたら一気に使えない状態にまでなることがある。
 スマホの寿命は2年ほどなので、2年経過したら悪くなる前に余裕をもって買い換えるべし!

 ですね。

 

 まー、でも新しいスマホはかっこいいです!(^^)!

 では。